ファイル拡張子SITEMAP

  • フルネーム
    ASP .NET Site Map
  • 製造元
    Microsoft
  • 人気度
SITEMAPファイルで問題が発生しましたか?どのプログラムがこの拡張子を持つファイルを開くかわかりませんか?ここで、SITEMAPファイルの操作に必要なすべての情報を見つけることができます。このページの以降の部分では、SITEMAPファイルを開くプログラムのリストを追加しました。オペレーティングシステムに適切なアプリケーションを選択し、ダウンロードしてインストールするだけで十分です。

SITEMAPファイルを開くことができるプログラム

SITEMAP拡張子のファイルをどうやって開くか?

SITEMAP拡張子を持つファイル開くには、次のプログラムのいずれかがユーザーのシステムにインストールされている必要があります。 SITEMAPファイルを開く際に問題が発生した場合、リストされているプログラムがユーザーのシステムに存在しない可能性が高いです。上記のプログラムが1つ以上インストールされている場合でも、特定のプログラムに関連する問題がある可能性があります。 SITEMAPファイルの問題を解決するには、以下の手順に従ってください。
1
リストからVisual Web Developerまたは他のプログラムをインストールします

ほとんどの場合、 SITEMAPファイル開く際の問題の解決は非常に簡単です。そのようなファイルをサポートする適切なプログラムをインストールするだけです。リストされているプログラムはすべてSITEMAPファイルをサポートしていますが、提供される機能と目的が異なる場合があります。一部のプログラムは、SITEMAPファイルのコンテンツの表示のみが可能であるか、ファイル変換オプションを提供しますが、そのようなファイルの編集はできない場合があります。


SITEMAPファイルを開くためのデフォルトプログラムとしてVisual Web Developerを設定します

互換性のあるプログラムがユーザーのシステムにインストールされていても、それを開くためにシステムによって使用されていない可能性があります。これは、このタイプのファイルにデフォルトのアプリケーションが関連付けられていないために発生する可能性があります。 SITEMAPファイルを特定のアプリケーションに関連付けるには、ドロップダウンメニューから[開く]を選択します(ファイルを右クリックしてアクセスします)。次に、このタイプのファイルを開くために使用するプログラムまたはアプリケーションをリストから選択します。 Visual Web Developerアプリケーションがリストにない場合、「参照」オプションを選択して、Visual Web Developerがインストールされているディレクトリを手動で見つけます。

2

3
SITEMAPファイルに関する最も一般的な問題をリストするセクションを確認してください

SITEMAPファイルを開く際の問題は、アプリケーション自体にあるのではなく、次のような他の原因が原因で発生する場合があります。

  • ファイルデータが破損しています
  • SITEMAPファイルがインターネットから完全にダウンロードされていない(データの一部のみがダウンロードされている)
  • 現在使用されているユーザーアカウントには、SITEMAPファイルを開くために必要な権限が付与されていません(その場合は、システム管理者またはITスペシャリストに連絡してください)
  • SITEMAPファイルが破損したストレージデバイスからコピーされていたため、不完全であるか、データが破損しています。 (未知または信頼できないソースからのファイルのコピーは、システムに損傷を与える可能性のある悪意のあるソフトウェアが含まれている可能性があるため、細心の注意を払って行う必要があります)

同様の拡張機能